スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンBと肌トラブル(乾燥肌・ニキビ)

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンCがコラーゲンを生成する過程で必要なことから、「肌トラブルの対策にはビタミンC」という認識が広まっていますが、今回はビタミンCと同様に肌の健康維持には欠かせないビタミンとして知られるビタミンB群についてまとめたいと思います。ビタミンB群はタンパク質や脂質、炭水化物の代謝に必要な栄養素で、不足した場合には薄毛や肌のトラブルの原因ともなります。ビタミンB群の仲間であるビオチンやPABAは毛髪や肌の新陳代謝を活発にしますし、葉酸も毛母細胞の分裂には欠かせないビタミンです。


皆さんがお悩みの肌トラブルの中で、冬場に特に多いのが乾燥肌に関することです。乾燥肌の根本的な原因は、肌の基底細胞(角質層を作る細胞)の上部で分泌されるオメガ3系脂肪酸EPAとヒアルロン酸の分泌不足が関係しています。特にEPAの分泌不足によって乾燥肌の症状が発症するのですが、このEPAは肌の油分の調整もしている脂肪酸です。EPAは日本人の平均的な食事から摂取できる量では充分ではないため、体内でビタミンB群の作用により別の脂肪酸から作り出しています。しかしながら、多くの方がビタミンB群の不足で充分な量のEPAを作り出せていないのが現状です。


オメガ3系脂肪酸EPAとヒアルロン酸は、角質層が生成される層で分泌されると、水分と混ざってネバネバしたジェル状の物質を作ります。このジェル状の物質が、角質層と角質層の間に塗り込められて、角質層が剥がれないように繋ぎとめておく役割をします。しかしがなら、乾燥肌の方はジェル状の物質が充分に作られていないため角質層が剥がれやすく、皮膚が薄くなってしまっている方が多いそうです。角質層が薄いと生まれたばかりの瑞々しい角質層から水分が蒸発しやすくなってしまうのです(保湿力が低い)。また、このEPAとヒアルロン酸、水分が混ざったジェル状の物質は、単に水分だけや、水分とヒアルロン酸が混ざっただけのジェル状の物質よりも水分の蒸発量が少ない(より保湿力がある)という特徴を持っています。乾燥肌を予防・改善するためには、ビタミンB群の充分な補給はもちろんのこと、さらにその上でEPAを作り出し(またはサプリメントなどから積極的に補給して)、この角質層の保持に有効なジェル状の物質をいかに作れるかが課題ともいえます。


敏感肌というのは乾燥肌の症状が極端になったケースですので、まずはビタミンB群の補給とオメガ3系脂肪酸EPAの積極的な補給を心がけて、長期的な視野で乾燥肌の改善を行ってみてください。そうすれば、敏感肌の症状にも徐々に改善の効果が見られるようになってくるはずです。


上述した乾燥肌・敏感肌とは対照的に、顔が脂っぽくなってしまう脂性肌(オイリー肌)の症状でお悩みの場合には、原因はいくつかありますが、そのひとつとしてビタミンB群の栄養摂取が不足している可能性も考えられます。ビタミンB群は脂質の代謝を促進する働きがありますので、ビタミンB群が不足すると代謝が活発に行われにくく脂性になりやすくなります。もちろん脂性はビタミンB群の不足だけが原因ではなく、男性ホルモンの影響を強く受けたり(男性の脂性肌に多い原因)、角質層が必要以上に剥がれやすくてお肌が弱かったり(女性の脂性肌に多い原因)することでも起こります。


また、乾燥肌で脂性肌(オイリー肌)という体質も少なくありません。乾燥肌・敏感肌はお肌の油分(オメガ3系脂肪酸EPA)が不足が元で、脂性肌は油分の過剰が元ということから考えると一見矛盾しているようにも思うかもしれませんが、脂性肌の油分というのはオメガ3系の脂肪酸であるEPAではなく、主にアラキドン酸という脂肪酸です。ビタミンB群が不足したり、オメガ3系の脂肪酸であるEPAやヒアルロン酸が皮膚の基底細胞の下でうまく分泌できなかったりすると、角質層が弱くなり皮膚細胞が薄くなるので、肌を守るためにアラキドン酸が多く皮脂腺から分泌されます。このようなことから、乾燥肌・敏感肌の症状でお悩みで皮膚が薄い方は、一方では脂性肌(オイリー肌)にもなりやすいのです。


ビタミンB群の中でも、ビタミンB2とB6は皮膚の粘膜を保護する働きがあり、肌の健康を保つために欠かせない栄養成分です(下記の【 ビタミンB 】、【 ビタミンB6 】を参考)。また、弾力線維を強化する働きもあり、老化などで毛穴が開くのを予防してくれます。またビタミンB群は、体内に摂取したタンパク質を効率的に代謝しますので、肌を守る免疫細胞を活発化させて肌の自然治癒力も高まります。乾燥肌や敏感肌、脂性肌(オイリー肌)のトラブルでお悩みの方は、保湿美容液やあぶらとりなどのスキンケア対策だけではなく、規則正しい食生活のなかで(食事では補いきれない分はサプリメントで補充するなどして)ビタミンB群を日頃からしっかりと摂取することで、肌の健康維持・改善に取り組んでみてください。


【 ビタミンB2 】


ビタミンB2には、細胞の再生や成長を促進する働きがあり、皮膚や爪、毛髪の発育に深く関わっていることから「皮膚や粘膜のビタミン」と呼ばれています。また、ビタミンB2は体内で補酵素として働き、摂取した脂質を効率よくエネルギーに変えるなど、多くの物質代謝に関わっています。その他、呼吸、消化、循環系の粘膜の健康を保ち、眼、皮膚の働きを正常にし、体の健全な発育を促進します。ビタミンB2が不足すると、肌荒れや口内炎ができるなど、皮膚や粘膜に影響を与えます。その他にも肌が脂っぽくなる、フケがひどくなる、ニキビ肌、目の充血などの症状が見られるようにもなります。


ビタミンB2は水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても体内に過剰に蓄積される心配はありません。むしろ妊婦やアルコールを多く飲む人、激しい運動をする人は、ビタミンB2の積極的な摂取を心がけましょう。ビタミンB2を多く含む食品としては、牛レバー、サバ、納豆、チーズ、牛乳、シジミ、イワシなどが挙げられます。


【 ビタミンB6 】


ビタミンB6は、皮脂分泌をコントロールする働きがあるので、過剰な皮脂分泌で悩んでいる方(脂性肌)には最適な栄養素です。にきびができたときは、ビタミンB6が不足していないかどうかを疑ってみましょう。また、ビタミンB6は体内で補酵素として働き、アミノ酸とたんぱく質の代謝に関わっており、健康な髪や皮膚を作ります。その他にも細胞をつくる、筋肉の働きを調節する、血糖値を維持する、免疫力を高めるといった働きがあります。ビタミンB6が不足すると、精神の不安定やけいれん、貧血、肌荒れ、ニキビ肌、吹き出物、口内炎などの症状が見られるようにもなります。


ビタミンB6は水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても体内に過剰に蓄積される心配はありません。むしろ油性肌(オイリー肌)やニキビ肌・吹き出物で悩んでいる人は、ビタミンB6の積極的な摂取を心がけましょう。ビタミンB6を多く含む食品としては、玄米、牛レバー、鶏ささ身、カツオ、サケ、納豆、マグロ赤ピーマン、かばちや、バナナ、玄米などが挙げられます。





(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>乾燥肌や敏感肌、脂性肌のトラブルでお悩みの方は、保湿美容液やあぶらとりなどのスキンケア対策だけではなく、規則正しい食生活のなかで(食事では補いきれない分はサプリメントで補充するなどして)ビタミンB群を日頃からしっかりと摂取することで、肌の健康維持・改善に... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-36.html" target="_blank">ビタミンBと肌トラブル(乾燥肌・ニキビ)</a>]</p></blockquote>

続きを読む

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ビタミンCの発見

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



【 ビタミンCの歴史 】
[1920年] ドラモンドがオレンジ果汁から還元性のある抗壊血病因子を抽出。
        これをビタミンCと呼ぶことを提案。

[1927年] セント-ジェルジがウシの副腎から強い還元力のある物質を単離し、
        「ヘキスロ酸」として発表。

[1932年] これがビタミンCであることが判明。

[1933年] ハースによってビタミンCの構造式が決定され、アスコルビン酸と命名。

[1933年] ライヒシュタインが有機合成によるビタミンCの合成に成功。

[2005年] 「ビタミンCを大量に点滴で投与することによってガン細胞の撃退が可能である」
        という、アメリカ国立衛生研究所(NIH)の臨床試験を元にした論文が発表。



そもそもビタミンCはどうして発見されたのでしょうか?


ビタミンCの発見の歴史は、「壊血病」克服の歴史とも言えます。
ヨーロッパ中世(16世紀から18世紀)の大航海時代に、もっとも恐れられたのは「海賊 」ではなく「壊血病」という病気でした。当時、劣悪な栄養条件下での長期間に渡った船旅の中で、数多くの船員達がこの病気のために命を落としたそうです。

(壊血病は一日あたり6mgの摂取量を下回ると発病の恐れあり)...
[言及リンク|ビタミンCの摂取量目安(下限)

現代であれば、たとえファーストフードや菓子類などのジャンクフード中心の食生活を送っていたとしても、ビタミンCの摂取量が1日あたり6mgを下回るなんてことは考えられませんね。


食生活事情の向上により、中世の頃とは比べ物にならないくらい栄養価の高い食事を摂れるようになりましたが、その分、自動車公害をはじめとする深刻な環境汚染によって…

強い紫外線・大気汚染・残留農薬といった体のストレスに多く悩まされる...
[言及リンク|ビタミンCの必要性(役割と作用)

…ようにもなり、ビタミンCの需要はさらに増すばかりです。以前の「壊血病」克服の歴史から、「インフルエンザ」克服の歴史、あるいはガン(癌細胞)克服の歴史へと移行し、サプリメント(栄養補助食品・健康食品)やビタミンC点滴療法の研究はこれまで以上に求められるようになったのではないでしょうか。





(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>ビタミンCの発見の歴史は、「壊血病」克服の歴史とも言えます。ヨーロッパ中世(16世紀から18世紀)の大航海時代に、もっとも恐れられたのは「海賊 」ではなく「壊血病」という病気でした。当時、劣悪な栄養条件下での... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-11.html" target="_blank">ビタミンCの発見</a>]</p></blockquote>

続きを読む

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ビタミンCを含む食材(果物・野菜)

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



多くの食品やサプリメントには、「レモン何個分のビタミンCという表現が用いられています。このときの「レモン1個分のビタミンC」は、「ビタミンC含有菓子の品質表示ガイドライン」により 20mg として換算されています。このことから「レモンはビタミンCを豊富に含む果物である」と思われがちですが、実は同じ<柑橘類であるグレープフルーツや柚子よりも含有量は低いのです。


レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツ・柚子などの柑橘類のほか、アセロラ、キウイフルーツ、トマトには豊富なビタミンCが含まれてます。その他にもビタミンCの多く含まれる食品としては、ピーマン、菜の花、かぶ(葉)、ゴーヤ、モロヘイヤ、グァバ、パパイヤ、ほうれん草、小松菜、芽キャベツ、ブラックベリー、イチゴ、カリフラワー、パセリ、ブロッコリー、マスクメロン、ブルーベリー、クコの実、サジー、ガックなどがあります。


ビタミンCは強い癖のある味覚が特徴の栄養素です。柑橘類でもすっぱい物のほうがビタミンCが多く含まれているため、「酸味の強い果物ほどビタミンCが豊富だ」と思われがちですが、
根菜類のジャガイモやサツマイモは酸味がないものの、豊富なビタミンCが含まれています。ただ、ビタミンCは水溶性ビタミンで加熱に弱く、水に溶けやすいので、これらの調理の際にはゆで過ぎたり、水にさらし過ぎたりしないように注意が必要です。


一方、日頃から健康を意識して積極的に果物や野菜を食べている人ががっかりするようなデータもあります。ほうれん草や小松菜のビタミンCが昔にくらべ約半分に、そのほかにも多くの果物や野菜の栄養価が低下しているのです。

果物や野菜に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養価が、この数十年で大幅に低下しているというデータもありますので、積極的に摂取するよう心がける必要があります...
[言及リンク|ビタミンCの摂取量目安(下限)

長さや大きさが均一に整って見た目は良くなりましたが、味や香りに深みがあった昔の野菜に比べると今の果物や野菜に含まれている栄養価は低くなっています。


このような栄養素不足の果物や野菜が出回っている背景には、農業が化学肥料主体になったことが大きな理由としてあります。数十年前の自然堆肥を使っていた土壌には微量ミネラルが豊富に含まれていましたが、化学肥料主体の現代の畑ではそれらが乏しく、作物の発育に必要な栄養を充分に伴っていないことがわかっています。


果物や野菜には「旬」というものがあります。今はスーパーで一年中果物や野菜が売られているため、いったい何が旬の果物や野菜なのかがわかりづらくなっていますが、「旬」の果物や野菜はそれ以外の季節のときに比べて栄養素の含有量が充実しています。数十年前と比べて含有するビタミンやミネラルなどの栄養価が大きく低下してしまった現代、栄養不足<を補う防衛作としては、できるだけ季節にあった旬の果物や野菜を食べることが望ましいでしょう。





(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>日頃から健康を意識して積極的に果物や野菜を食べている人ががっかりするようなデータもあります。ほうれん草や小松菜のビタミンCが昔にくらべ約半分に、そのほかにも多くの果物や野菜の栄養価が低下しているのです... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-10.html" target="_blank">ビタミンCを含む食材(果物・野菜)</a>]</p></blockquote>

続きを読む

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ビタミンCのサプリメント(健康食品)

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンCを摂取するためにサプリメント(栄養補助食品・健康食品)もよく利用されています。
普段食べている食事だけでは、バランスの良い充分な栄養を摂るのが難しいのが現状です。それに加えて…

果物や野菜に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養価が、この数十年で大幅に低下しているというデータもありますので、積極的に摂取するよう心がける必要があります...
[言及リンク|ビタミンCの摂取量目安(下限)

現代食は何度も加工を繰り返された加工食品が多く、水、光、熱に弱い栄養素は加工過程でどんどんと失われてしまいます。そこで現代食の弱点を補強するための食品として、体に必要でありながら摂取しづらい栄養素をサプリメントで補うという方法が利用されているわけです。


種類豊富なサプリメント(栄養補助食品・健康食品)をコンビニや薬局で誰もが手軽に買える時代ですが、栄養素というのは単体では機能しませんので、「ビタミンC サプリメント」、「カルシウム サプリメント」、「鉄分 サプリメント」など特定の1栄養素だけではなく、様々な種類をまんべんなく摂ることが大切です。まずは現代食では不足しがちな栄養素をマルチビタミンやマルチミネラルなどのベースサプリメントで全体的に補いましょう。その上で、さらに足りないと思われるものをオプショナルサプリメントとして加えていけばいいでしょう。これらを朝・昼・晩の食後に継続的に摂るのが理想的です


ビタミンCは壊血病の予防や、カルシウムや鉄などのミネラルの吸収促進、傷の治癒にも必要な栄養素です。風邪やインフルエンザ、その他の感染症に対してはアスコルビン酸粉末などとして医薬品と併用されます。それは、これらのストレスや治癒の際にはアスコルビン酸の必要量が格段に増えるからです。

ビタミンCにより不活化されるウイルスは多く報告されています。
ビタミンCを1日10,000mg摂取することで不活化が実証されているものは、インフルエンザや狂犬病、コクサッキーなどです...
[言及リンク|ビタミンCと風邪・インフルエンザ(予防)

※ ビタミンC入りの錠剤(タブレット)を飲むよりもビタミンC入りのガムを噛んだ場合のほうが、血中のビタミンCの上昇が速やかに起こり、吸収量も多いことが分かっています。


ビタミンCは栄養機能食品として表示許可されており、「ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です」という、栄養機能表示をすることができます。一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量は上限1,000㎎、下限24㎎ です。
サプリメント(栄養補助食品・健康食品)や飲料水の成分表示で「ビタミンC1,000mg」という表示をよく見かけるのは、栄養機能食品の規格基準で上限値が1,000mgと定められているためです。


栄養機能食品の規格基準厚生労働省)

サプリメント(栄養補助食品・健康食品)選びの参考にして、健康維持にお役立て下さい。
【 亜鉛 】      … 上限値 15mg、下限値 2.10mg
              亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
              亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
              亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、
              健康の維持に役立つ栄養素です。

【 カルシウム 】 … 上限値 600mg、下限値 210mg
             カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。

【 鉄 】       … 上限値 10mg、下限値 2.25mg
              鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。

【 銅 】       … 上限値 6mg、下限値 0.18mg
              銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
              銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。

【 マグネシウム 】… 上限値 300mg、下限値 75mg
             マグネシウムは、骨の形成や歯の形成に必要な栄養素です。
             マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を
             助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。

【 ナイアシン 】  … 上限値 60mg、下限値 3.3mg
             ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 パントテン酸 】 … 上限値 30mg、下限値 1.65mg
             パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 ビオチン 】   … 上限値 500μg、下限値 14μg
              ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 ビタミンA 】   … 上限値 600μg (2000IU)、下限値 135μg(450IU) 
              ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
              ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 β-カロテン 】  … 上限値 7,200μg、下限値 1,620μg
              β-カロテンは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
              β-カロテンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 ビタミンB1 】  … 上限値 25mg、下限値 0.30mg
              ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と
             皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 ビタミンB2 】  … 上限値 12mg、下限値 0.33mg
              ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 ビタミンB6 】  … 上限値 10mg、下限値 0.30mg
              ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と
             皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

【 ビタミンB12 】 … 上限値 60μg、下限値 0.60μg
              ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。

【 ビタミンC 】   … 上限値 1,000mg、下限値 24mg
              ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、
             抗酸化作用を持つ栄養素です。


【 ビタミンD 】   … 上限値 5.0μg (200IU)、下限値 1.50μg (60IU)
              ビタミンDは、腸管のカルシウムの吸収を促進し、
             骨の形成を助ける栄養素です。

【 ビタミンE 】   … 上限値 150mg、下限値 2.4mg
              ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、
             細胞の健康維持を助ける栄養素です。

【 葉酸 】      … 上限値 210μg、下限値 60μg
              葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
              葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。





(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>ビタミンCは栄養機能食品として表示許可されており、「ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です」という、栄養機能表示をすることができます... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-9.html" target="_blank">ビタミンCのサプリメント(健康食品)</a>]</p></blockquote>

続きを読む

テーマ : サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ビタミンCの過剰摂取(上限)

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンは、水溶性ビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチンのB群ビタミンとビタミンCと脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK) に分けられます。水溶性ビタミンは過剰に摂取したとしても尿として体外に排泄されるますが、脂溶性ビタミンは肝臓などの体内に蓄積されます。そのため、過剰な脂溶性ビタミンの摂取は副作用が出てくる恐れがありますので注意が必要です。


厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準(2010年版)」によると、成人の1日あたりのビタミンC耐用上限(過剰摂取による弊害の恐れがない摂取量)は特に定められていません。これは…

①ビタミンCを過剰摂取しても消化管からの吸収率が低下し、尿中排泄(排出)量が増加する
 (一日あたり100mgの摂取量を超えると、余剰となったビタミンCの尿中排泄が始まる)
②耐用上限量を算出するためのデータが充分でない

…ため、現段階では策定していないのです。


ビタミンCは基本的には大量に服用しても毒性副作用の心配はありません。ただし、ビタミンCには限らずビタミンを過剰に摂取しすぎると胃や腸に負担がかかり吐き気や腹痛、下痢などの症状が出やすくなります。健康体であれば余剰となったビタミンCは尿で排出されますが、ビタミン剤などにより大量に摂取した場合(3,000~4,000mg)には、下痢が見られたという報告があります。サプリメント(栄養補助食品・健康食品)などで大量のビタミンCを長期間に渡って経口摂取し続けた場合には腎不全を発症したり、ビタミンCは酸性なので胃を痛めたりする恐れもあります。


また、過剰摂取は尿路結石の発症にもつながります。
ビタミンCは体内で代謝されてシュウ酸を作るため、結石の主成分であるシュウ酸カルシウムの部品を作る要因ともなっていて、腎臓移植を受けた女性での続発性シュウ酸症の症例が報告されています。ビタミンCの過剰摂取には気をつけるほか、一日の尿量が2リットル程度になるように水分を摂るように努めることも、結石再発の予防になります。


野菜や果物など通常の食事のみからの栄養摂取であれば、体調不良を起こすほどの心配はありませんが、サプリメント(栄養補助食品・健康食品)なども利用しているのであれば、自身の体調に見合った自己管理が必要です。





(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>ビタミンCは基本的には大量に服用しても毒性副作用の心配はありません。ただし、ビタミンCには限らずビタミンを過剰に摂取しすぎると胃や腸に負担がかかり、吐き気や腹痛、下痢などの症状が出やすくなります... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-7.html" target="_blank">ビタミンCの過剰摂取(上限)</a>]</p></blockquote>

続きを読む

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ビタミンCマン

Author:ビタミンCマン
肌荒れのケアが気になる季節。乾燥肌・敏感肌対策にビタミンC(アスコルビン酸)のことが気になって仕方ありません(*^ー^*)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
RSSリンクの表示
相互リンク
相互リンク申請
先に当ブログへのリンクを張ってからお申し込みください。
※ アダルトサイト不可

名前:
メール:
件名:

【下記の①・②・③を必ず明記】
① 貴サイトのタイトル
② 貴サイトのURL
③ リンクを張ったページのURL

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。