スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンC誘導体とは(ビタミンC美容液)

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの安定化を目的にリン酸や油分を化学合成で結合させた、自然界に存在しない化合物(「L-アスコルビン酸ナトリウム」あるいは、「L-アスコルビン酸マグネシウム」)です。生体内の酵素反応により(皮膚内に含まれる酵素「ホスファターゼ」で分解されることにより)ビタミンCとして働きます。


ビタミンCを誘導体化することにより、生体外での安定化(長期間変質しない)や生体内への吸収率を向上させるメリットがあります。ビタミンCは強力な抗酸化作用がありますが、空気や温度の影響ですぐに変質してしまうなど不安定で分子構造が壊れやすいために、美容を目的とした皮膚科学(美容液やケミカルピーリングを行った後の塗布等)では誘導体が応用されています。一般的に「ビタミンC配合」と書いてあるビタミンC美容液に多く使われているものは、純粋なアスコルビン酸ではなくビタミンC誘導体です。


ただ、化学合成で誘導体化されたビタミンCを分解し、その効果を発揮させるためには、肌に含まれるホスファターゼと呼ばれる酵素の力が必要となります。このホスファターゼの保有量には個人差があるほか、加齢とともにその量は次第に減少していきます。 つまり、ビタミンC誘導体が入った商品を用いても作用する効果効能には個人差があり、加齢とともにその効果効能は発揮されにくくなるということ。そもそも、加齢による肌の衰え(シミ、シワ、タルミ等)が気になるからこそビタミンC美容液の需要があるわけですから、加齢とともに効果効能が発揮されにくくなるようではあまり意味がありません。


これらのことから、ビタミンC誘導体を用いずにビタミンC(L-アスコルビン酸)を安定化させた美容液の開発・普及が期待されます。






      【 サイトマップ 】


テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ビタミンCマン

Author:ビタミンCマン
肌荒れのケアが気になる季節。乾燥肌・敏感肌対策にビタミンC(アスコルビン酸)のことが気になって仕方ありません(*^ー^*)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
RSSリンクの表示
相互リンク
相互リンク申請
先に当ブログへのリンクを張ってからお申し込みください。
※ アダルトサイト不可

名前:
メール:
件名:

【下記の①・②・③を必ず明記】
① 貴サイトのタイトル
② 貴サイトのURL
③ リンクを張ったページのURL

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。