スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我&風邪の予防回復|スポーツ選手

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンCをテーマにしたブログ記事の『トラックバックシリーズ』第8弾(何弾まで続くの?)
今日のお題はこれ

ビタミンCが不足すると風邪や疲れが抜けないなどします
この働きは骨 関節 腱 靭帯の強化又怪我の治りも
早くする効果があります ちなみにスポーツ選手は
何もしてない人の6倍のビタミンCが必要です...
[言及リンク|ビタミンC


200ミリグラム以上のビタミンCを毎日摂取した効果を過去数十年にわたって調査したデータ30件、対象人数約1万1000人分を分析したところ、一般的に信じられているような風邪予防の効果は見られなかった。
ただし、兵士やマラソン選手のように極度の緊張下にある人の場合は、感染率が半減する効果があった...
[言及リンク|「風邪予防にビタミンCは無効」、フィンランドとオーストラリアの研究チーム


ビタミンCをはじめ、栄養素に関しては様々な研究が日々されており、

その中には驚くべき新たな研究報告も見られます。

上記した引用記事「風邪予防にビタミンCは無効」というのもそのひとつです。

先述した「ビタミンCと風邪・インフルエンザ(予防)」との矛盾を感じるかもしれませんが、

各栄養素の効果効能については、いまだ全容が解明されたわけではないので、

そのひとつひとつに一喜一憂することなく、情報の取捨選択をしていただければと思います。



参考記事では、兵士やマラソンランナーのように肉体を酷使するようなことをしている場合を

除けば、過剰にビタミンCを摂取しても風邪の予防には繋がらないということです。

ただ現代はストレス社会であり、精神的なストレスも体内のビタミンCを破壊してしまいます

そのため、現代のようなストレス社会においては、ビタミンCの摂取によって風邪の予防効果

が期待できるという考え方もあります。



肉体を酷使する仕事や精神的ストレスが大きい仕事をしている人の場合は、

体内のビタミンCが大量に消費されて欠乏状態になっている場合があるので、

ビタミンCを摂取することにより風邪の予防や悪化防止に効果が期待できるということです。



箱根駅伝などでは、風邪をおして強行出場した選手が途中で大失速してタスキが途切れる、

シード権を失うなどの風邪にまつわる悲劇が尽きません。彼らは月間の走行距離にして

800kmを超えるような過酷な練習により免疫力が著しく低下してしまい、

発汗や活性酸素で体内のビタミンCも欠乏状態となってしまっているために、

一般人以上に風邪のウイルスに冒されやすくなってしまっているのです。

練習の疲労で免疫力が低下している駅伝部員の多くが同じ宿舎で合宿生活していることも、

部員全体に風邪が蔓延してしまう温床となっています。



通常、試合の直前に風邪を引いたスポーツ選手は代表から外されてしまうので、

練習を頑張る努力とともに、風邪を引かないための努力も大切です。

ビタミンCはコラーゲンの合成には不可欠なので、自らの自然治癒力を最大限に発揮し、

骨、関節、腱、靭帯の強化や怪我の回復を早めるためにも積極的な摂取が望まれます。

スポーツ選手は、何も運動をしていない人の6倍の量のビタミンCが必要だそうです



特にマラソンなどの有酸素運動をする場合には、発汗量が多く、活性酸素の害も受けやすい

ことからビタミンCが欠乏しやすく、若年層にも骨粗しょう症が見られるケースがあります。

ジョギングやウォーキングのお供に」や「ビタミンCの抗酸化実験」で先述したように、

食事で補いきれない分のビタミンCはサプリメントをうまく活用するといいでしょう。



マッサージや針灸の活用も自らの自然治癒力を高めるのには有効な選択肢ですが、

手技療法で血の巡りを良くする事により、体の隅々の細胞にまで栄養素を届けやすくさせる

(体内の老廃物除去の促進もする)ことで自然治癒力を高めるというのが基本概念なので、

細胞に届けるべき栄養素がしっかり摂取できていなければ意味を持たなくなってしまいます。

怪我(ケガ・故障)の予防・回復のためには、身体の構築剤である栄養素の摂取が必需です。

どんなに優秀な大工さんが集まっていても、建築資材が建築現場に届かないことには

立派な建物を建てることはできませんよね




とりあえず今日はこの辺で

楽しいトラックバックお待ちしてます

(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>風邪を引かないための努力も大切です。 ビタミンCはコラーゲンの合成には不可欠なので、自らの自然治癒力を最大限に発揮し、 骨、関節、腱、靭帯の強化や怪我の回復を早めるためにも積極的な摂取が望まれます。 スポーツ選手は、何も運動をしていない人の6倍の量のビタミンCが必要だそうです... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-34.html" target="_blank">故障&風邪の予防回復|スポーツ選手</a>]</p></blockquote>

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ビタミンC誘導体とは(ビタミンC美容液)

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの安定化を目的にリン酸や油分を化学合成で結合させた、自然界に存在しない化合物(「L-アスコルビン酸ナトリウム」あるいは、「L-アスコルビン酸マグネシウム」)です。生体内の酵素反応により(皮膚内に含まれる酵素「ホスファターゼ」で分解されることにより)ビタミンCとして働きます。


ビタミンCを誘導体化することにより、生体外での安定化(長期間変質しない)や生体内への吸収率を向上させるメリットがあります。ビタミンCは強力な抗酸化作用がありますが、空気や温度の影響ですぐに変質してしまうなど不安定で分子構造が壊れやすいために、美容を目的とした皮膚科学(美容液やケミカルピーリングを行った後の塗布等)では誘導体が応用されています。一般的に「ビタミンC配合」と書いてあるビタミンC美容液に多く使われているものは、純粋なアスコルビン酸ではなくビタミンC誘導体です。


ただ、化学合成で誘導体化されたビタミンCを分解し、その効果を発揮させるためには、肌に含まれるホスファターゼと呼ばれる酵素の力が必要となります。このホスファターゼの保有量には個人差があるほか、加齢とともにその量は次第に減少していきます。 つまり、ビタミンC誘導体が入った商品を用いても作用する効果効能には個人差があり、加齢とともにその効果効能は発揮されにくくなるということ。そもそも、加齢による肌の衰え(シミ、シワ、タルミ等)が気になるからこそビタミンC美容液の需要があるわけですから、加齢とともに効果効能が発揮されにくくなるようではあまり意味がありません。


これらのことから、ビタミンC誘導体を用いずにビタミンC(L-アスコルビン酸)を安定化させた美容液の開発・普及が期待されます。

続きを読む

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ハロウィン♪料理レシピ

乾燥肌・敏感肌対策、肌荒れ・毛穴ケアにビタミンC美容液が愛用される季節になりました。
新型インフルエンザが猛威を振るい、ビタミンC(アスコルビン酸)の需要はさらに高まります。
ツヤのある潤い肌を保つために、健康維持のためにビタミンンCは充分に摂れていますか?
当ブログでは、ビタミンCに関する情報を個人の趣味の範囲で気ままにお届けしていきます。



ビタミンCをテーマにしたブログ記事の『トラックバックシリーズ』第7弾(何弾まで続くの?)
今日のお題はこれ

10月のイベントといえば、日本でもすっかり定着しつつあるハロウィンですね
今年もたくさんのハロウィングッズを、あちこちで見かけるようになりました

そこで、今回のテーマは あなたのハロウィン教えてください です。

可愛くて思わず買っちゃったハロウィングッズや、
ハロウィンパーティーに向けて作った小物や衣装
かぼちゃを使ったハロウィンレシピなどなど。

ハロウィンにちなんだことならなんでもオッケー...
[言及リンク|あなたの“ハロウィン”教えてください(goo)


毎週金曜日恒例のgooの『トラックバック練習板』コーナーの今週のお題です。



カボチャの収穫期は6月~9月ですが、冬至の日にカボチャを食べる習慣があるほど、

カボチャは長期保存がきく野菜です。また最近では、冬場は外国産のカボチャが大量に輸入

されるようになりました。

10月になると普段の食事のほか、ハロウィンパーティーなどのイベントも盛んになって、

スーパーの商品陳列棚でたくさん見かけるようになりますね。

そこで今回は、ハロウィンにちなんでビタミンCが豊富なカボチャ料理の紹介~



パンプキンのお菓子
南瓜は、ベーターカロテンが体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、風邪の予防になります。また、ベーターカロテンの他に、ビタミンC,Eが含まれ、ルティン、フェノール、セレンなどの相乗効果で活性酵素を無毒にして、発ガンを抑制します。努めて食べていきたいですね☆

どちらもとても美味しく出来ました(^-^) 是非作ってみてくださいね~☆...
[言及リンク|・今日はハロウィン☆パンプキンのお菓子を作りました


↑ お料理レシピは言及リンク元の『今日はハロウィン☆パンプキンのお菓子を作りました』をご参考にどうぞ。おいしそう



カボチャとゴーヤの『どろりあげ』
風邪をひいても食欲はちゃんとある私は、体調が悪くても自炊します
普段からはもちろんですが、こういう時こそ、野菜・果物のパワーをしっかりとりましょうね

先日、作ったのは、九州・阿蘇地方の郷土料理・カボチャとゴーヤの『どろりあげ』。

ほどよく煮崩れたカボチャがゴーヤにからみ、苦みをコーティングしてくれます。
更に、ちりめんじゃこのうまみ成分がゴーヤの苦みを隠すマスキング効果あり...
[言及リンク|・免疫力アップ苦味ダウン 南瓜とゴーヤのどろりあげ


↑ お料理レシピは言及リンク元の『免疫力アップ苦味ダウン 南瓜とゴーヤのどろりあげ』をご参考にどうぞ。おいしそう



かぼちゃのスープ
かぼちゃのスープ

「かぼちゃとさつま芋のアジアンスープ」=「ビロー・ハム・デュア」
「かぼちゃとさつま芋のアジアンスープ」=「ビロー・ハム・デュア」

かぼちゃと挽肉のココナツミルクカレー
かぼちゃと挽肉のココナツミルクカレー

かぼちゃ入り焼き野菜のスープカレー
かぼちゃ入り焼き野菜のスープカレー

かぼちゃサラダ
かぼちゃサラダ

かぼちゃ入り温野菜サラダ
かぼちゃ入り温野菜サラダ

かぼちゃのチーズボールコロッケ
かぼちゃのチーズボールコロッケ

かぼちゃトッピングのおうどんグラタン
かぼちゃトッピングのおうどんグラタン

かぼちゃ入り串揚げ
かぼちゃ入り串揚げ

かぼちゃのカスタード焼き
かぼちゃのカスタード焼き

かぼちゃの煮付け
かぼちゃの煮付け

南瓜は栄養価の高いお野菜なんですよ。
粘膜や皮膚の抵抗力を強くし、成人病を防するカロチン(ビタミンA)が多く含まれ、
その他、ビタミンB1、B2、Cも多く、カルシウム・鉄分、カリウムなどのミネラル、
食物繊維もバランスよく含んでいます。
かぼちゃの綿の部分にカロチンはたくさん含まれてるんですって。
それから、南瓜のビタミンCはデンプンで守られているため、
加熱しても壊れにくいらしいです。
美容健康のために、南瓜をどんどん食べてくださいね...
[言及リンク|・南瓜!かぼちゃ!カボチャ!


↑ お料理レシピは言及リンク元の『南瓜!かぼちゃ!カボチャ!』をご参考にどうぞ。おいしそう



【 毎日の健康維持にカボチャを! 】

  • 風邪予防(βカロチン・ビタミンC)

  • のぼせや肩こり等、更年期障害に伴う症状の緩和(ビタミンE)

  • 老化を防ぎ、若さを保つ(ビタミンE)

  • シミやシワを防ぐ(ビタミンC)

  • ストレス緩和(ビタミンC)

  • コレステロールの上昇を抑える(ビタミンC)

  • 血糖値の上昇を抑える(水溶性"果実"の食物繊維)

  • 糖尿病の予防・改善(水溶性"果実"の食物繊維)

  • 血中のコレステロール値を低下させる(水溶性"果実"の食物繊維)

  • 動脈硬化の予防・改善(水溶性"果実"の食物繊維)

  • 胆石の予防・改善(水溶性"果実"の食物繊維)

  • 便秘の予防・改善(不溶性"皮"の食物繊維)

  • 腸がんの予防(不溶性"皮"の食物繊維)



【 栄養たっぷりのカボチャ 】

カボチャは、βカロチン、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維などの栄養素を豊富に含みます。
緑黄色野菜が不足しがちな冬場は、風邪・インフルエンザ予防のためにも積極的に カボチャを食べましょう

 [βカロチン]
βカロチンは体内に入ると体内酵素により約1/3 がビタミンAに変化します。このため、皮膚や粘膜等が正常に働くことで免疫力ができ、細菌やウイルスの進入を防ぐので風邪の予防を期待できます。

 [ビタミンC]
シミやシワを防いでお肌の健康を保ちます。お肌のプリプリ感に大切なコラーゲンが作られる時にも必要なビタミンです。免疫力が高まり、風邪を引きにくくなります。また、ストレスを緩和し、コレステロールの上昇を抑える働きもあります。

 [ビタミンE]
アンチエイジングとして脚光を浴びるビタミンEには、運動持久力に好影響をもたらす働きのほか、老化を防ぎ、若さを保つ働きがあります。お肌を健康に保ち、のぼせや肩こりなどの更年期障害に伴う症状の緩和も期待できます。

 [食物繊維]
かぼちゃなら、不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維、両方を摂ることができます。皮に不溶性の食物繊維、果実に水溶性の食物繊維が含まれています。水溶性の食物繊維は、糖分の吸収を妨げるので、血糖値の上昇を抑えることができます。そのため、かぼちゃは糖尿病の方にお勧めの食材です。また、血中のコレステロール値を低下させるので、動脈硬化や胆石の方は水溶性の食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。不溶性の食物繊維は腸の働きを活性化させるので、便秘や大腸がんの予防にお勧めです。




とりあえず今日はこの辺で

楽しいトラックバックお待ちしてます

(注) 本記事にトラックバックを送信する際は、書いた記事に必ず下記ソース(言及リンク付き)をコピー&ペーストしてください。下記ソースを張っていないトラックバックは削除します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<blockquote><p>カボチャは、βカロチン、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維などの栄養素を豊富に含みます。 緑黄色野菜が不足しがちな冬場は、風邪・インフルエンザ予防のためにも積極的に カボチャを食べましょう... [言及リンク|<a href="http://vitamineral001.blog91.fc2.com/blog-entry-32.html" target="_blank">ハロウィン♪料理レシピ</a>]</p></blockquote>

続きを読む

テーマ : おいしく食べてダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ビタミンCマン

Author:ビタミンCマン
肌荒れのケアが気になる季節。乾燥肌・敏感肌対策にビタミンC(アスコルビン酸)のことが気になって仕方ありません(*^ー^*)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
RSSリンクの表示
相互リンク
相互リンク申請
先に当ブログへのリンクを張ってからお申し込みください。
※ アダルトサイト不可

名前:
メール:
件名:

【下記の①・②・③を必ず明記】
① 貴サイトのタイトル
② 貴サイトのURL
③ リンクを張ったページのURL

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。